top of page
検索
  • すみよしシュタイナーこどもの家

新しい学びが始まります。





11月より

シュタイナーの著書 

『自由の哲学』 

の本を読んで学び合いたいと思います。


シュタイナー教育は、

自由教育ではなく、

自由への教育と言われています。


大人になった時に自分自身で判断する力を持つ、

自由な人

になるための教育であり、

その内容は自由奔放ではなく、

子どもの教育課程にあわせて、

その時期の子どもにふさわしい

教育を行うことを目指すものです。


「自由(哲学)入門」の著者、今井重孝氏は

「『自由の哲学』を理解せずには

シュタイナー教育は理解できないだけでなく、「自由の哲学」こそ生きる指針として重要な思想である。」と述べておられます。


現在、子どもたちをとりまく環境も様々な問題が山積みされています。


子どもとどう向き合えばいいのか、私たちに課せられた課題は何なのか、この本を学ぶ中で答えを見出すことが出来ればと思います。


「哲学」と聞いただけで、うーん、むずかしそう、という思いを持ちますが、共に本を読んで話し合えば少しずつも理解が深まると思います。


ぜひご参加ください。

閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page